手根管症候群

ここでは手首の痛みの原因となる病気の一つ、手根管症候群について詳しく説明していきます。

腕神経叢から枝分かれする正中神経は、肩から腕へ手首を通って手のひら指先へと伸びています。正中神経は手首を通る際に手根管(屈筋支帯という靭帯と手根骨で形成される)というトンネルを通っています。この手根管の中で圧迫を受けるのが手根管症候群で、手首から手のひらや親指から薬指の親指側半分までの範囲に痛みやしびれを起こすのが特徴です。

sponsored link



手根管症候群がなぜ起こるのかははっきりとは分かっていませんが、女性に多く妊娠や出産期及び更年期の時期に多く見られることから女性ホルモンが影響していることも考えられます。また、手のひらに出来たガングリオンが原因となる場合や、関節リウマチと合併することもあります。

手根管症候群の診断方法として、ティネルテストやファレンテストが行われます。ティネルテストとはティネル兆候(サイン)があるかどうかのチェックで、手首をトントンと叩いて痛みやしびれが指先まで響くかどうかを診断します。ファレンテストは手首をカマキリの鎌のように曲げて、しばらくして症状が悪化するかどうかを診断します。また、力を入れずに手首を振る動作で症状が楽になるのも手根管症候群の特徴です。

治療法としては、まずは安静にし手を極力使わないようにすること、痛みに対しては非ステロイド系の消炎鎮痛剤(NSAIDs)を使用することで対応します。保存療法で治らない場合には、外科手術が必要となります。病態によって関節鏡視下手根管開放術や小皮切による直視下手根管開放術が行われます。

sponsored link



このページを読まれた方は次のページもよくご覧になっています。

⇒ 拇指CM関節症

⇒ ガングリオン

⇒ 関節リウマチ

⇒ 症状から見た原因と病気


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
tekubigaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。