TFCC損傷-三角線維軟骨複合体損傷

ここでは手首の痛みの原因となる、TFCC損傷について詳しく説明していきます。

TFCCとは三角線維軟骨複合体のことで、手関節の尺骨側(小指側)にある三角線維軟骨及びその周囲のメニスカス類似体、尺側側副靭帯などを含めた総称です。TFCCは手首に受ける衝撃を吸収するクッションの役割を持っています。

sponsored link



転びそうになった時に地面に手を付いた時や、接触時に手でぶつかった時など、手首に衝撃を受けた時に損傷します。野球やテニスなどの手首をよく使う球技だけでなく、サッカーやラグビーなど激しく接触することの多いスポーツでもよく見られます。また、加齢によって起こる関節の変形も原因となる場合があります。

TFCC損傷の症状は手首の小指側に腫れと痛みがあり、特にドアノブを回したりタオルを絞るといった手首を捻る動作時に痛みが強まるのが特徴です。ちょっと手首を捻挫したなぁと思っていたら、実はTFCC損傷だったということも少なくありません。

治療法としては、他の原因と同様にサポーターやギプスを用いて固定し、しばらく安静にすることが基本となります。痛みに対しては非ステロイド系の消炎鎮痛剤(NSAIDs)を使用して対応します。大半が固定療法で自然治癒しますが、3か月を目安に効果が得られない場合や重症化したものに対しては外科手術が必要となります。病態によって関節鏡視下TFCC部分切除術や尺骨短縮術などが行われます。

sponsored link



このページを読まれた方は次のページもよくご覧になっています。

⇒ 手根管症候群

⇒ 手首の腱鞘炎

⇒ 手首の捻挫・脱臼・骨折

⇒ 手首の痛みの治し方まとめ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
tekubigaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。